新宿,渋谷,池袋,江戸川橋,飯田橋での人物撮影はぜひStudio7へ

写真撮影に関して 気軽に何でも相談して下さい。 090-3238-7488 【受付時間】10:00~18:00 【定休日】月曜日

ブログ


就職が不利に!?目の下のクマを消して素敵な証明写真を撮るコツは

 

 

就職が不利に!?目の下のクマを消して素敵な証明写真を撮るコツは

 

 

この記事を読むための時間:3分

 

証明写真の写りが悪いと相手に与える印象も悪くなってしまい、書類選考で落とされる原因になることもあります。

 

企業としては、できるだけ健康で長く働いてくれる人材を探しているので、目の下のクマで不健康な印象を与えてしまうのはよくありません。

 

選考は書類を送る段階から始まっています。

 

今回は、より良い就活写真を撮れるよう、目の下のクマの消し方について紹介します。

 

 

 

目の下のクマは大幅に印象ダウン

 

目の下にクマがあるだけで、5歳も老けて見られると言われています。

 

その他にも、元気がなさそう、疲れてそう、不規則な生活をおくってそうなど、目の下のクマが相手に良い印象を与えることはほとんどないのです。

 

応募者多数の場合、応募書類はじっくり読まれるとは限りませんし、証明写真の写真写りが書類通過の決め手になることもあります。

 

大体の企業は、長く勤めてくれる人、そして若々しく元気な人を求めます。

 

目の下のクマを消せばパッと明るい印象になり、「この人に会ってみたい」と採用担当者に思われ、書類選考の通過率もアップしていくでしょう。

 

 

 

 

青いクマの原因と消し方は

 

実は、目の下にできるクマは1種類だけではありません。

 

クマの種類は大きくわけると3種類あり、その中で最もポピュラーなのが、青いクマです。

 

青クマはその名の通り、目の下が青くなっている状態。

 

主な原因は、睡眠不足や冷え、目の疲れなどの血行不良です。

 

そのため、青クマを改善させるためには、目の回りの血行を改善することが大切となります。

 

目の周りをマッサージしたり、蒸しタオルを目に当てたり、ツボを押したりして血の流れを良くしてみましょう。

 

青クマはストレスや目の疲れによって引き起こされるので、ストレスを溜めない生活や、良質な睡眠などを心掛けることも重要です。

 

メイクで隠す時は、青の補色であるオレンジ系のコンシーラーを乗せ、指でトントンと軽いタッチでなじませ、ぼかしていきましょう。

 

クマを消す時は、そのクマに合わせた適切な色を使うことが、悪目立ちを防ぐコツとなります。

 

 

 

 

茶色いクマの原因と消し方は

 

茶クマはメラニンの過剰生成や色素沈着によってできてしまうクマです。

 

紫外線を浴び続けたり、ターンオーバーが乱れたり、目をこすったりすると、茶クマが発生してしまうことがあります。

 

日焼けによる色素沈着を防ぐためには、日焼け止めや美白クリームを目元に塗るようにしてみましょう。

 

また、茶クマを解消させるためには、皮膚を新しいものに生まれ変わらせる「ターンオーバー」が必要になります。

 

保湿ケアをしたり、十分な睡眠をとったりして皮膚のターンオーバーを正常化するように心がけましょう。

 

メイクで消す場合、茶色の補色であるイエロー系が効果を発揮します。

 

ベージュ系で隠そうとしても、クマと周りの肌の色の差異は改善されず、色ムラが出てしまいます。

 

まずは補色を使ってカムフラージュし、肌色を均一に整えるようにしましょう。

 

 

 

 

黒いクマの原因と消し方は

 

黒クマの原因は、目の下の皮膚のたるみです。

 

元々目の下の皮膚が薄かったり、筋肉が衰えたり、真皮層のコラーゲンが減少したりしてたるみが生じると、影ができてクマのように見えてしまいます。

 

改善する場合は、目の周りの筋肉である「眼輪筋」をトレーニングで鍛えたり、肌のハリに関わるセラミドやコラーゲンが配合された化粧品を使ったりし、保湿ケアをしましょう。

 

メイクで消したいならば、ハイライト効果のあるコンシーラーを使って目の下に明るい部分を入れていくのがおすすめです。

 

パール系など、肌よりもワントーン明るい色を選び、影をなくしていきましょう。

 

 

 

 

クマを消して印象を良くしよう

 

クマがあるだけで、その人の印象はガラリと変わってしまいます。

 

面接を突破するためには第一印象を良くするということが重要になるので、クマがある場合は改善を目指しましょう。

 

素敵な写真を撮るためには、プロに撮ってもらうということも大切です。

 

写真館で撮影すれば、画像を加工し、クマを隠すこともできます。

 

クマが酷くて良い写真が撮れるか心配な場合は、株式会社 Studio7にご相談ください。

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社 Studio7. All rights Reserved.